【アニメ 鬼滅の刃 17話感想】今からすっごい善逸褒める

感想

はい今回もやってきました鬼滅の刃。
一言で言えば善逸を称える回。
善逸のかっこよさがこれでもかというくらい表現されてました。
結構じいちゃんもいい味出していた。
過去の話も素晴らしかったように思えます。
ということでこの記事も善逸を称える記事。
そういう風に書いていきます。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 善逸がかっこよすぎた
  • こんなに情けないのにかっこいい
  • そこが素晴らしい

善逸がかっこよすぎた。
ここまでかっこいいとは思わなかった。
そして作品に大事にされてることも分かります。
彼は間違いなく中心人物になっていくでしょう。
情けないけど実はめっちゃ強い。
単純に言えばそんなキャラ。
なのではありますが掘り下げが凄かった。
過去の話から彼の精神状態まで込みでの演出。
それがすべて傑出したうえでのバトルシーン。
これで燃えないわけありません。
こんなに弱いのにこんなにかっこいい。
そんな素晴らしさが詰まっていました。
彼の一部にほんのちょっと触れただけ。
なのにこんなに物語が面白くなる。
本当にワクワクを与えてくれる良い作品ですね。
よかったぜ善逸。

彼の弱さを称える回

  • 彼の弱さが素晴らしい
  • 弱いからこそ共感できる
  • 意味のある弱さ

まず彼の弱さを称えたいです。
とにかく今回は情けなかった。
泣くわ叫ぶわ喚くわ。
もうやりたい放題。
こんなキャラなかなかいません。
でもだからこそ共感するんですよね。
あの早業がポンポン出せる。
しかもメンタルが強い。
それだと隙がなさすぎるんですよ。
彼には弱さという隙がある。
だからこそ共感できるんです。
いわば意味のある弱さなんですね。
だからこそ彼の強さが引き立つ。
どんなに弱虫でも活路を見出す。
そして敵を倒す。
この流れに感動するんですね。
それが今回完璧にできていました。
良かったです。

才能というのは繊細ということ

  • 的確に状況把握して絶望する
  • 彼は繊細だからこそ臆病
  • 才能は繊細さの裏返し

才能というのは繊細さも兼ね備えているんですね。
彼は的確に状況を把握したうえで絶望するわけです。
今回は臭いに気づいた上で周りのことも把握する。
そして的確に状況を把握して絶望する理由を探す。
それであの体たらくにつながるわけです。
パニックにはなっているんですが頭は働いてるんですね。
だからこそ臆病。
自分がどんな人間か知っている。
そしてどれだけできないか知っている。
自分の弱さを知っているわけです。
そしてその上で的確に周りのことも分かる。
そして周りと比べてしまう。
それが彼の才能なんだと思います。
彼は人一倍色々なことに気づけるわけですね。
そんな繊細さがあるわけです。
でもそんな繊細な彼だからこそ才能がある。
あの早業も針の穴を通す様な繊細さがあるからこそできる。
だからこそ敵の状況も把握できる。
そして的確に行動に移し攻撃できる。
弱さは強さの裏返しなわけです。
あの居合は彼の繊細さという弱さが生んだ。
そんな秘儀なんじゃないかと考えています。

認めてくれたじいちゃん

  • 彼の弱さを認めてくれる
  • それがじいちゃん
  • 流石元柱なだけある

じいちゃんが素晴らしかった。
彼の弱さを認めてくれた人。
そして彼の弱さこみで付き合ってくれた人。
それがじいちゃんなわけですね。
弱い人間っていうのは実は隠れた才能がある。
そのことが分かっていたんだと思います。
だからこそ彼にとことん付き合うことにした。
そして決して諦めなかった。
彼を育てることをあきらめなかった。
そこが素晴らしいと思います。
そして善逸もそれに応えようと必死だった。
そう思うと涙ぐましい師弟関係。
この師匠にしてこの弟子あり。
こんな弱い弟子。
そしてこんな壊れそうな才能。
それを良く花開かせたと思います。
素晴らしい師匠でした。

心では役に立ちたいと思っている善逸

  • あんなに弱いのに
  • あんなに情けないのに
  • それでも役に立ちたいと思っている

善逸の心意気が凄まじい。
あんなに弱いくせに。
あんなに情けないくせに。
あんなに泣くくせに。
あんなに喚くくせに。
あんなに逃げ出すくせに。
それでも役に立ちたいと思っている。
誰よりもひとの役に立ちたいと思っている。
ここでもう私はだめでした。
善逸は確かに情けない。
でも誰よりも清い心を持っている。
そう思うと泣けてきちゃいました。
強くなれよ善逸。
諦めるなよ善逸。
負けるなよ善逸。
思わず応援したくなりました。
じいちゃんが育てた甲斐もあるってもんです。
きっと彼は人一倍強くなって生き残ってくれる。
そういう風に信じています。

まとめ

  • 善逸が情けない
  • 善逸がかっこいい
  • 善逸が素晴らしい

というわけでまとめてみました。
善逸を称える回。
こういうキャラって難しいんですよね。
私だったら扱い悩んじゃいます。
でもそれを最高の演出。
最高のエピソード。
最高の作画。
それでこれでもかというくらい。
ほんとうにこれでもかというくらい。
かっこよく仕上げてくれた。
そこが本当に素晴らしかった。
善逸は本当に愛されてるな。
こんなに情けないのに。
なんだか愛おしくなっちゃいました。
かっこよかったよ善逸。
是非生き残ってくれ。
というわけで次回も正座して待っています。

はいというわけでやってきました鬼滅の刃。 今回は炭治郎回だったように思えます。 彼のやさしさがとても生きた回。 かなり彼の株が...
はいやってきました鬼滅の刃。 今回は家族の絆がキーワードだったかなと。 なのでそこにスポットを当てて語っていきたい。 まあ他に...

鬼滅の刃みるならVOD

https://www.vodmovienavi.com/2019/04/09/kimetsunoyaiba/

鬼滅の刃見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
鬼滅の刃が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする