【アニメ 鬼滅の刃 18話感想】偽りの絆と本物の絆

感想

はいやってきました鬼滅の刃。
今回は家族の絆がキーワードだったかなと。
なのでそこにスポットを当てて語っていきたい。
まあ他にも注目ポイントはたくさんあるんです。
まあでも今回は絆。これが注目ポイントですね。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 鬼の偽物の絆
  • 炭治郎の感じる本物の絆
  • 家族って難しい

家族の絆が印象的でしたね。
鬼の家族の偽物の絆。
一方が一方を傷つける。
そんなものはどうみたって偽物。
臭いを感じるまでもない。
鬼の絆は間違った絆でした。
しかし鬼は偽物でもすがりつくしかない。
そこが悲しく辛かった。
一方炭治郎は本物の絆を知っている。
だからこそ偽物の絆を喝破した。
このシーンがとても響きました。
傷つける家族。支えあう家族。
できれば支えあう絆であってほしい。
しかし鬼にはそれが分からない。
そして炭治郎にはそれがわかる。
この差がとても悲しい。
家族のあり方って難しいですね。
正しい家族って何なのか。
考えさせられました。

鬼は愛情を知らないのではないのか

  • 鬼は愛情を知らない
  • だから暴力で支配する
  • 間違った絆

鬼は愛情を知らないのではないか。
私が思ったのはそこでした。
だからこそ暴力で支配する。
無理矢理言い聞かせようとする。
本当の家族なら分かり合う。
そして支えあって行動するはず。
しかし鬼にはそれが理解できない。
だから暴力の世界になってしまう。
それがとても悲しかった。
もちろん鬼は間違っているんですよ。
間違っていることはいるんです。
でももし本当の絆をしっていたら。
こんな歪んだ家族にはならなかったはず。
そう思うとかなり切なくて苦しい。
そしてこうした家族は鬼に限らないのではと思ってしまいました。
何かの行き違いで人間の家族も歪んでしまう。
その時に鬼になるのか人間になるのか。
そこを見極められているよう。
切なくなってしまいました。

炭治郎の家族愛

  • 炭治郎は本物の家族を知っていた
  • だからこそ鬼を偽物と喝破した
  • 良い主人公だと感じる

炭治郎は本物の家族を知っていた。
家族が困ったときどうするのか。
家族が触れ合うときどうするのか。
家族が助け合うときどうするのか。
すべてポジティブな感情で動いている。
炭治郎の家族は鬼の犠牲になりました。
しかし家族がいたころ。
それは間違いなく恵まれた。
そして愛された家族環境。
そこで育ったのではないでしょうか。
だからこそあの真っすぐな心。
そして優しい心を持っている。
だからこそ鬼が許せなかった。
だからこそ鬼が間違っていると信じた。
だからこそ鬼を偽物の絆と喝破した。
ものすごくかっこいいシーンでした。
そしてとてもいい主人公だと感じる。
炭治郎を応援したくなりました。

鬼は愛情を知りたかったのではないか

  • 鬼は愛情を知りたかったのではないか
  • 鬼にとっては暴力が愛情で絆だった
  • でも本当は違うことも気づいている

鬼は愛情を知りたかったのではないか。
いやもっといえば愛情を欲していた。
だからこそ家族にこだわった。
でもそれは間違った愛情。
鬼にとっては暴力による支配。
それが愛情だったんだと感じます。
しかし本当はそれが違うことに気づいている。
だからこそ炭治郎が憎い。
本当の絆を知っている炭治郎が憎い。
本当の愛を知っている炭治郎が憎い。
非常に辛い対比でしたね。
炭治郎に倒された鬼たち。
彼らは最期何かに救われたような形で倒されていきます。
今回の鬼がもし炭治郎に倒されるとしたら。
きっと本当の絆を思い倒されていく。
そういう結末になるんだろうなと感じます。

家族愛とはなんなのか

  • 炭治郎にとっては当たり前のもの
  • 鬼にとっては欲してもとどかないもの
  • 当然のようで当然でないのかもしれない

家族愛とはなんなのか考えさせられました。
炭治郎にとってはそれは当たり前にあるもの。
つまりあらかじめ備わっているものなんですね。
だからこそ妹の禰豆子を大切に扱う。
そして亡くなった家族を思い戦う。
彼がもし家族に恵まれてなかったら。
この愛溢れる物語はなかったでしょう。
しかし鬼にとっては欲してもとどかないもの。
いくら家族ととりつくろっていても。
結局は暴力による支配。
いわば偽りの絆なわけです。
本物をしっている炭治郎には叶わない。
でももし鬼が家族に恵まれていたら。
鬼が鬼にならずに済んだのかもしれない。
そう思うと切なくなります。
家族って何なんでしょうね。
一方にとっては当然。
でも一方にとっては届かないもの。
家族愛は当然のようで当然ではないのかもしれません。

まとめ

  • 本物の家族の絆を知る炭治郎
  • 偽りの絆にすがる鬼
  • 対比が素晴らしかった

というわけでまとめてみました。
本当の絆を知っている炭治郎。
もちろん素晴らしいと思います。
でもあまりに眩しすぎた。
家族の愛を一心に受けた炭治郎。
すくすく育って素直な心。
根はとても真面目。
さらにやさしい。
非の打ち所がない主人公。
そして一方は偽りの絆にすがる鬼。
全てがねじ曲がっている。
暴力で支配するしかない。
かりそめの絆。
しかし同情できる部分もあった。
見ていてかなり葛藤する回でした。
本当の家族って何なんでしょうね。
それぞれの家族のあり方、見つけてください。
というわけで次回も正座して待っています。

はい今回もやってきました鬼滅の刃。 一言で言えば善逸を称える回。 善逸のかっこよさがこれでもかというくらい表現されてました。 ...
見たか、聞いたか、感じたか。 筆舌に尽くしがたい回とはこの回のことを言う。 本当の家族の絆。 それがアニメでこんな形で表現され...

鬼滅の刃みるならVOD

https://www.vodmovienavi.com/2019/04/09/kimetsunoyaiba/

鬼滅の刃見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
鬼滅の刃が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする