【アニメ 鬼滅の刃 13話感想】善逸の信じる心

感想

今回もやってきました鬼滅の刃。
なんといっても今回は善逸。
彼の株が爆上がりしましたね。
彼はただの臆病者ではない。
信念を持つ男だった。
それを知った時の感動たるや。
良いものを見せてもらいました。
素晴らしかったです。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 善逸の株が上がった
  • 炭治郎と響凱のバトル
  • 伊之助も悪い奴ではなさそう

今回は何といっても善逸。
ただの臆病者だと思っていました。
でも決して子供は見捨てなかった。
そして炭治郎が大切にしているハコも守った。
素晴らしい活躍を見せてくれました。
あと彼が聴覚の良さで人となりを見抜いているのもポイント。
ちゃんと人を見抜ける男。
そのうえであの性格なんですね。
だと思うと少し見直します。
女性に騙されるのも恐らくわかったうえでのことなんでしょう。
その上で信じる。
この信念に感服しました。
そして炭治郎と響凱のバトル。
ufotableらしい非常に綿密な作画。
その上で繰り広げられる鼓と剣技の連打。
思わず私も熱くなってしまいました。
対比として伊之助はだいぶ株が下がってしまいましたね。
でも彼にも信念があるのでしょう。
そのうえであ乱暴な行動をしている。
悪い人間ではないと考えています。

善逸の素晴らしさ

  • ただの臆病者ではなかった
  • 信じることを信じられる剣士
  • それが善逸だった

善逸が本当に素晴らしかった。
彼のポイントは人を見抜ける力があるということ。
そしてそのうえで臆病な性格だということ。
しかし剣技の腕は抜群。
恐らくですが感度が良すぎるんでしょう。
もっと平たく言えば剣士としての才能がありすぎる。
だからこそ色々と見えてしまう。
そしてその上でまわりを怖がってしまう。
彼の弱さは強さの裏返しなんですね。
そして彼が強くなるポイント。
それは信じるものを信じられる力。
今回は鬼が箱に入っている。
そのことを知りつつも炭治郎のやさしさに賭けた。
その漢気が素晴らしい。
そしてそれを行動に移す勇気。
信じたいものを信じる。
そして行動する。
素晴らしい行動であったと思われます。

炭治郎と響凱のバトル

  • ufotableらしい素晴らしい作画
  • 炭治郎に響凱も救われた
  • 内容としては満点

炭治郎と響凱のバトル。
内容が素晴らしかったですね。
ufotableらしい綿密な作画。
繰り出される鼓の攻撃。
そしてそれを打ち返す剣技。
その応酬がみてて見事。
思わず白熱してしまいました。
そして今回響凱は炭治郎に救われたのがポイント。
人間時代は評価されないことの連続だったのでしょう。
しかし炭治郎は評価してくれた。自分の力をきちんと。
炭治郎の素晴らしいところは人間鬼問わずリスペクトする。
そしてそのうえで自らの信念に基づいて助けるまたは倒す。
そういった姿勢があるところですね。
この姿勢には響凱も救われたのではないでしょうか。
これからの炭治郎と鬼との戦い。
それがどうなっていくのか楽しみです。

伊之助について

  • 非常に株の下がる行動
  • 表しかない男
  • 今後の活躍に期待

伊之助はいただけない行動でしたね。
炭治郎と善逸の二人が素晴らしかっただけになおさら。
正直やさしさの欠片もない人間。
そして非常に荒っぽい性格。
それだけが映し出されていました。
まず強いことは分かるんですよ。
しかしそれだけでは視聴者は共感しない。
優しさがあってこそはじめて共感するんですね。
彼には箱の中身を裏の裏まで見抜いてほしかった。
しかしそれは不可能なことでしょう。
彼には人間としての裏がないように思えます。
つまり表しかない人間。
人間でも邪魔するなら叩く。
そして鬼がいたら切る。
単純で猪のようだからこそこういう行動なんでしょう。
しかし箱の中身がちゃんとわかれば変わるはず。
悪い人間ではないと信じています。
今後の活躍に期待です。

善逸には共感しかしない

  • 非常に憶病
  • だけど力のある男
  • 共感できるキャラだった

今回は善逸が本当に良かったですね。
人物として共感できる部分がたくさんありました。
恐らくアニメの中でもこんな臆病な剣士いないでしょう。
多少及び腰でも後衛で戦う役割がある。
弱くてもきっちり強い奴には立ち向かう。
それがアニメの戦い方のように思えます。
しかし彼は違うんですよね。
臆病を隠さない。さらけだしていく。
視聴者は心配になってしまいます。
事実私も心配になってしまいました。
けれども実は力がある。
ここまでは予想できたんですよね。
そしてさらに上、人を信じる力がある。
そしてそのためには自分を犠牲にできる。
ここに視聴者は共感します。
事実私もこの姿勢には感動しました。
本当に素晴らしい活躍でした。
作者の手腕もうかがえますね。
これからも善逸という男に注目していこうと思います。

まとめ

  • 善逸の素晴らしさ
  • 炭治郎のやさしさ
  • 伊之助今後に期待

というわけでまとめてみました。
今回は何といっても善逸の素晴らしさ。
それが光る回だったと言えます。
そして彼の強さも垣間見えました。
いままでただの臆病者。
そう思われた彼が強かった。
剣技だけでなく心も強い。
そう思わされた瞬間でした。
炭治郎のやさしさもよかったですね。
響凱も救われたことでしょう。
鬼を倒しつつ救っていく。
そのスタイルを確立できるのか。
気になるところです。
対して伊之助は完全にヒールでした。
ここから改心するか誤解が解ける。
そういうパターンだとは考えています。
しかしそれは次回のお楽しみということで。
正座して待っています。

はいやってきました鬼滅の刃。 とりあえず今回は三者三様。 戦い方が面白かったのでそれを説明していこうかと。 とりあえず結果が出...
はいというわけでやってきました鬼滅の刃。 猪がやべーとは思ったんです。 でも想像以上にやばかった。 そして謎の設定。 その設...

鬼滅の刃みるならVOD

https://www.vodmovienavi.com/2019/04/09/kimetsunoyaiba/

鬼滅の刃見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
鬼滅の刃が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする